まっすぶっちの美忘録

おうちでプログラミングと読書してます

ベクトル

回り道を嫌う人は多い。
 
斯く言う僕もそうだ。
受験勉強は戦略本ばかり読んでいた。肝心の勉強はせずに。
 
まず、そこに一つ言うのならば結局実行しなければ意味がないと言うこと。考えてばかりではダメ。本を読んで得た多くの知識よりも経験より得た深い知識の方が重要。
 
って、よく言われてる。
 
 
今回自分が言いたいのはそんな話ではなくて、結局回り道してもいいやんって話。最終的なゴールにたどり着けるのなら。
 
直線じゃなくてもいい。ベクトルが少しでもゴールに向いているのであれば。
 
 
でもただやってはいけないことが一つある。それはゴールに向かっていないこと。
 
ベクトルの成分が0.0000001でもゴール向いてないのであればそれはいけない。
 
それはただ何も考えずダラダラと生きているだけだと思う。それでは自分は幸せになれない。
 
5年後、10年後、20年後あの時の俺は何をしていたんだろ、何も考えなかったって思うのは嫌だ。
 
ゴールに最短で向かってなくてもいい。
全然回り道でもいい。
回り道で得られるものもある。
 
ただ常に今やってることが自分のゴールに少しでも近づいていることならば。
 
先を見て
これは効率が悪いのでは?
やらない方がいいのでは?
と悩む時間なんてほとんど意味がない。
 
やらないか、やるかだ。
直感で決める。
その選択を最善にするだけ。
 
自分が生きてるのは今。
自分がワクワクしてるのは今。
自分が不安なのは今。
自分が変われるのは今。